レンタルサーバー比較サイトが正しいレンタルサーバーの選び方を教えます

レンタルサーバー比較ランキングTOP

レンタルサーバーを選び時、「安いから」「高機能だから」「みんなが使っている」「人気ランキング上位」このようにレンタルサーバーを選んでいる方が結構いるのでは?当レンタルサーバー比較サイトでは、初心者の方から法人・制作会社でも納得してレンタルサーバーを選ぶためのポイントや注意点の記事をまとめました。実際当サイト管理者も「安いから」「高機能だから」「みんなが使っている」「人気ランキング上位」でいろんなレンタルサーバーを利用しました。でもいくら高性能で高価なレンタルサーバーを利用していても使い用途が月1アップの「ブログHP」だけではレンタルサーバーの機能が使い切っていませんね。
利用目的と照らし合わせて、レンタルサーバーの選び方に、レンタルサーバー比較サイトを利用ください。

WordPressのインストールが簡単に対応してるサーバーか?

WordPressをワンクリックでインストール出来る簡単インストールに対応しているかどうかもレンタルサーバー選びのチェックポイントです。
簡単インストール機能がなくても、WordPressを使うことはできますが、初心者には難易度が高く、非常に面倒な作業となるので、簡単インストール機能があるレンタルサーバー会社を選ぶようにした方がいいでしょう。

データベース(MySQL)が使えるサーバーか?

WordPressを使う場合には、MySQLが使える必要があります。
最も格安のプランなどでは、MySQLが使えないこともあるので、注意が必要です。
また、MySQLが使える数にも注意しましょう。
MySQLは、、WordPressをインストールしたい数必要になってくるからです。
1つのMySQLに複数のWordPressをインストールすることも出来なくはないのですが、MySQLが重くなったり、不具合の原因にもなるのでお勧めできません。
※MySQLとは
MySQL(マイ・エスキューエル)とは、世界中の多くの企業が使用しているデータベース管理システム。大容量のデータも高速に動作を行えるため、レンタルサーバーや検索エンジンでも使用されています。
MySQLに限らずデータベースは、とにかく複雑で難しいイメージがあります。それでも避けて通ることができないのは、WordPressなどのCMS(コンテンツマネジメントシステム)でほぼ確実に使われていて、無視することができないからです。

転送量は多いサーバーか?

転送量とは、WEBサイトへのアクセス時に受信するデータの量のことを言います。
この転送量に対してレンタルサーバーは制限を決めており、制限を超えてしまうと、サイトの表示が出来なくなってしまいます。
テキスト中心のサイトを運営する場合は、あまり気にする必要はないかもしれませんが、画像や動画を多用する場合は、気にしたいところです。

表示速度は早いサーバーか?

サイトの表示が遅いと、訪問者が離脱してしまう原因になります。
そのため、ストレス無くサクサクとサイトを表示できるサーバーを選びたいところです。

ディスク容量は十分あるサーバーか?

「たくさんWEBサイトを作りたい!」
「容量の大きい画像や動画サイトを公開したい!」
といった場合には、ディスク容量が大きいレンタルサーバーを選ぶか、ディスク容量を増量変更できるレンタルサーバーを選んだ方がいいでしょう。
ただし、テキスト中心の通常のWEBサイトならば「10GB」もあれば十分です。

マルチドメインに対応しているサーバーか?

複数サイトを運営したい場合は、マルチドメインに対応しているかチェックしましょう。
マルチドメインとは、1つのレンタルサーバーの契約で複数ドメインが登録ができ複数サイトを運営することができる仕組みのことであり、複数のWEBサイトを運営したい方にとっては必須の機能となります。
また、ワードプレスなどのCMSを使ってサイトの作成を行う方は、マルチドメイン以外にも、使用できるデータベース(MySQL)の数にも注意しましょう。
ワードプレスなどのCMSを使うには、MySQLが必要なのですが、基本的にワードプレスサイトの数だけMySQLが必要になってきます。
つまり、WordPressサイトを5件制作したい場合には、
マルチドメイン数が「5」件、データベース(MySQL)数が「5」件、各5件が必要になると言うことです。

安定性しているサーバーか?

どんなにレンタルサーバーの料金が安くても、WEBサイトの表示が不安定で、表示されなくなることも多々あるようなサーバーは持っての他、選ばないようにしましょう。
どんなに良いコンテンツを提供していたとしても、安定したWEBサイトの運営ができないと、ユーザーやサイト訪問者の信用をなくし、アクセスが落ちたり、ショップサイトの売り上げ伸びることはありません。
そのため、安定性のある評判の良いレンタルサーバーを選びましょう。

サポート体制が充実しているサーバーか?

トラブルなどが起きた時に、自力で解決するというのにはかなりの限界があります。
そんな時サポート体制が充実していると非常に助かります。
メールでの問い合わせ以外にも、チャットや電話での問い合わせにも対応しているかどうかチェックするようにしましょう。また、電話でのサポートを、土日や夜間も対応してくれるところの方が安心です。
 
レンタルサーバー比較サイトが紹介しているレンタルサーバーであれば、ある程度の品質や信頼性はあるといった指標になります。
もちろんレンタルサーバー比較サイトの紹介していないサーバー会社が運営しているレンタルサーバーでも、良いものはありますが、知名度があり有名なレンタルサーバーというのは、多くの方に利用された実績があり、多くの信頼を得ていることが多いです。
どのレンタルサーバーにすればいいのか分からないと言った場合は、レンタルサーバー比較サイトが案内している有名なレンタルサーバーを選ぶというのも一つの方法です。