トップページ | クラウドサーバー比較

クラウドサーバー比較

高性能なサーバーと拡張性の高いネットワークをインターネット上で自在に構築できるクラウドサーバー。性能、安定性、即時性、拡張性、そしてなにより価格。クラウドが持つ本質的価値だけをシンプルに実証してみました。

クラウドサーバーはVPSと同じく、ユーザーそれぞれに仮想サーバーが割り当てられます。それに加えて、クラウドサーバーは後から資源を拡張できます。

長所

  • VPSの長所に加えて、CPUやメモリ、ストレージ領域を後から拡張できるので、サーバーへのアクセスが集中し負荷が高くなったときに、それに応じて性能を高めることができます。
  • 1日ごと、1時間ごとの料金体系があるので、必要な時間だけ使って使用料金を抑えることができます。
  • 複数のサーバーを使った構成を組むための仕組みが備わっています。例えば、負荷分散装置やルーターを設置したり、ローカルネットワークを構築できたりします。

短所

  • 時間単価としては、VPSより高価になります。
  • 調子に乗ってCPUやメモリを増やしたり、サーバーを増やすと請求額が膨らむので注意が必要です。

クラウドサーバー比較

さくらのクラウド

 

◆月額1,954円〜最大容量128GB
◆さくらのクラウド

1コア1GB~12コア128GBまで、CPUとメモリを組み合わせてジャストサイズのサーバを選べます。各サーバにはインターネット接続回線とグローバルIPアドレスが1個付属しており、サーバプランの料金だけで利用できます。データ転送量による従量課金もありません。
サーバスペックの変更(プラン変更)はいつでも可能で、コントロールパネルから簡単に操作できます。また、作成済みのサーバの複製(クローン)を作ることもできます。
 

◆ディスク/20GB分をサーバ料金に合算(SSDプラン20GB)
◆インターネット接続回線 /100Mbpsベストエフォート(共有セグメント100Mbps)
◆グローバルIPアドレス/1個付属(サーバのNICに対して固定的に割り当て)
◆管理者権限(root)/サーバの管理者権限をお客様にお渡しいたします

 

お名前.com  クラウド

 
 


 

◆驚くほど低コスト
◆仮想サーバーなら1日32円からスタート
◆『お名前.comクラウド』

 
驚くほど低コスト仮想サーバーなら1日32円からスタート。
ioDriveを搭載したベアメタルサーバーは、ひと月6万円台でご利用いただけます。初期費用は、一切いただきません。
高い性能と信頼性
 
仮想サーバーはローカルディスクを採用。
ベアメタルサーバーはioDriveを搭載し高いディスクI/O性能が特長です。仮想サーバーのSLAは月間稼動率99.99%以上を保証します。
 
優れた拡張性
お客様ごとにVLAN(/24)環境を標準提供。
サーバーの拡張性は、200台以上。お客様のプライベートネットワーク内に仮想サーバー+ベアメタルサーバーの環境も作れます。