トップページ | アフィリエイト向きサーバーを選ぶ

アフィリエイト向きサーバーを選ぶポイント

アフィリエイト向けレンタルサーバー比較

ネットビジネスの代表格とも言える、アフィリエイト。述べ387万人のアフィリエイターがいるとの結果を発表しています。(株式会社もしもが2011年調査)

日本の総人口の約3%に当たる人々がアフィリエイトに関わっています。
ただ、ここでいうアフィリエイターというのは、アフィリエイトプログラム(ASP登録者含む)に登録している人の事をいうので、例えば、Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトに登録している人も含まれます。
その市場規模は、年々拡大の一歩を辿っています。初心者、主婦、サラリーマンの副業からでも始められるという参入し易いことから、これから始める人も続々と増えています。
アフィリエイトを始めるには、一般のブログからでも始められますが、管理者の経験からレンタルサーバーを契約して始めた方が後々いいように思えます。
そのレンタルサーバー選びに迷っている人も多いでしょう。
アフィリエイトというWebマーケティングは、商品を必要な人に紹介する、というだけのとてもシンプルな作業ですが、その手法や戦略(マーケティング)は、人によって全く異なります。そして、戦略(マーケティング)が異なれば、当然それにふさわしいレンタルサーバーも違ってきます。
なので、「アフィリエイト向けのレンタルサーバーはコレ」と絞って提案することが大変難しいことがありますので、初心者向きと中級者向きを厳選して提案させていたきます。
アフィリエイト用商品の紹介方法をチェックし、それに応じた最適なレンタルサーバーを比較していきたいと思います。

ウェブサイトの運営方法を分類すると、大きく分けて2つ。

ウェブサイト複数運営タイプ
ウェブサイトを複数運営でアフィリエイトをする場合、マルチドメイン(マルチドメインとは、サーバ領域を複数に分割し、サーバスペースごとに別個のドメイン名を持つことができる機能です。追加料金不要で、ウェブサイトを複数運営することができます。)をチェックしましょう。ウェブサイトを複数運営するのであれば、マルチドメイン数だけウェブサイトが1つのレンタルサーバーで運営できるので、多ければ多いいほうがいいです。(ただし、ウェブサイト数だけのドメインを取得しなければなりません。)
今は格安のプランでも、マルチドメインがかなり利用出来るようになっているレンタルサーバーがあるます。
また、WordPress を使用する場合には、データベースも使用する必要がありますので、データベース(MySQL)の使用可能数も多く必要です。またデータベース数はプランごとにある程度までに限定されていることが多いです。
以上の条件、マルチドメイン数・データベース数を含めできるだけ性能がよく、高速なレンタルサーバーを選ぶのがベストです。
比較対象として、同価格帯のプランがある、性能や使い勝手もいい、「ロリポップ!レンタルサーバー」と「さくらのレンタルサーバ」を挙げます。
どちらも、利用件数の多いホスティング会社、人気の高い「ロリポップ!レンタルサーバー」と「さくらのレンタルサーバ」と比較してみましょう。
 
ウェブサイト少数運営タイプ
少数のウェブサイトを運営する場合、マルチドメインやデータベースなどはそれほど多く必要ありません。それよりも、ウェブサイトのコンテンツで勝負するのであれば、何よりレンタルサーバーの安定性を重視する必要があります。また、ウェブサイトの情報量が多くなってきた場合、サイトの表示も重くなる傾向があるため、性能が高く、表示速度が速いレンタルサーバーを選ぶ必要があります。
さらに、最終的に大規模なウェブサイトコンテンツを目指す場合は、アクセス数が増えた場合の対策として、プラン変更で転送量(サイトのデータ送信量)の上限も増やせるほうが便利です。
以上の 3つの条件を重視しつつ、コストパフォーマンスのよいサーバーを選ぶなら、「エックスサーバー」がベストです。
エックスサーバーは安定性が高く、サーバーのスペックも常に最高レベルのものを使用しています。当サイトによる独自検証の結果でも、毎回安定性と WordPress の表示速度において、最高の成績をマークしています。