初心者の方から個人、アフィリエイター、法人・制作会社でも納得してレンタルサーバーを選ぶためのポイントをまとめました。

トップページ

選ばれているレンタルサーバー比較

サーバー会社

月額使用料

初期費用

サーバー容量

マルチドメイン

SSL

エックスサーバー 972円〜 3,240円 200GB 無制限 無料独自SSL
ヘルテムレンタルサーバー 864円〜 2,160円 200GB 無制限 無料独自SSL
さくらのレンタルサーバ 129円〜 1,029円〜 10GB 20 無料SSL
ロリポップ!レンタルサーバー 100円〜 1,500円 10GB〜 20〜 共有SSL
レンタルサーバ クイッカ 90円〜

926円

10GB〜  

10〜 共有SSL 

レンタルサーバー比較TOP

レンタルサーバー比較サイト総合ランキングでは、「低価格サーバー」「個人向け」「法人(ビジネス向け)」「WordPress向け」の4つを総合的に見てランキング表示しております。当レンタルサーバー比較サイトは、初心者の方から個人、アフィリエイター、法人・制作会社でも納得してレンタルサーバーを選ぶためのポイントをまとめました。
利用目的と照らし合わせて、レンタルサーバーの選び方に、レンタルサーバー比較サイトを利用ください。

レンタルサーバー 総合ランキング

エックスサーバー

高性能なサーバーをお手ごろ価格で利用できる人気のレンタルサーバー。
個人、法人の方によく利用されています。

ハイスペックサーバーをお探しの方に
高速性・機能性・安定性を兼ね備えたオールSSD
レンタルサーバー『エックスサーバー』は、安心と快適さを兼備した高性能レンタルサーバーです。高い品質を誇るレンタルサーバーサービスを、手ごろな料金でご利用いただくことが可能です。 エックスサーバー利用者数は130万件と人気の高さが伺えます。
◆高いコストパフォーマンス900円/月~
◆マルチドメイン・メールアドレス無制限
◆快適ハイスペック大容量200GB~
◆国内管理、大容量バックボーン(総計722Gbps ※2017年4月現在)
24時間365日サポート対応
独自SSLを無料で利用可能
無料お試し期間:10日

レンタルサーバー

3か月額利用料

年額利用料

サーバー容

初期費用

WordPress

X!0スタンダード 1,200円×3 1,000円×12 SSD200GB 3,000円
X20プレミアム 2,400円×3 2,000円×12 SSD300GB 3,000円
X30プロ 4,800円×3 4,000円×12 SSD400GB 3,000円

※価格は税別

エゥクスサーバーの料金・プランの詳細エゥクスサーバーの料金・プランの詳細

ヘテムルレンタルサーバー 

複数のウェブサイトを運営する法人や制作会社に最適。
高速を追求したビジネス向きレンタルサーバー。

ヘテムルレンタルサーバー (GMOペパボ株式会社 )

複数のウェブサイトを運営する法人向き
高速を追求したレンタルサーバー
ヘテムルは高速化を追求し、低価格で豊富な機能を提供する次世代共用サーバーです。複数サイト運用やSEO対策などすべてのWEBサイトを大きくサポートします。
複数のウェブサイトを運営する制作会社や、複数のサイト運営するビジネス向きヘテムルレンタルサーバー
◆高スペックレンタルサーバーが月額800円から
◆WordPressが速い!独自のモジュール版PHP提供
◆複数サイト運営に強い!マルチドメイン無制限
◆データベース70個、転送量80GB/日
◆高品質の無料電話サポート
◆無料独自SSLを標準提供
無料お試し期間:15日 

レンタルサーバー

3か月額利用料

年額利用料

サーバー容

初期費用

WordPress

ベーシック 1,100円×3 900円×12 SSD200GB 2,000円
プラス 2,200円×3 1,800円×12 SSD300GB 2,000円

※価格は税別

サーバーの料金・プランの詳細サーバーの料金・プランの詳細

さくらのレンタルサーバ

利用件数40万の老舗ホスティング会社
初心者からプロユースまで使える信頼性と安定性は抜群

初心者からプロユースまで幅広く人気のサーバー
WordPress、モリサワWebフォントも使える
さくらインターネットは創業20年と利用件数40万の高品質なサービス、快適かつ安心してご利用いただけるよう高品質なネットワーク環境、国内最大級のバックボーンで、日本国内の代表的な大手ISPと接続を行い、高い安定性は評判。
◆月額129円〜
◆容量10GB〜
◆マルチドメイン
◆目的に合わせて選べる 2サービス 7プラン
◆独自無料SSL
無料お試し期間:14日

レンタルサーバー

月額利用料

年額利用料

サーバー容

初期費用

WordPress

ライト 129円 1,543円 10GB 1,029円  
スタンダード 515円 5,142円 100GB 1,029円
プレミアム 1,543円 15,428円 200GB 1,029円
ビジネス 2,571円 25,714円 300GB 5,1429円
ビジネスプロ 4,628円

46,286円

500GB

5,1429円
マネージドサーバ 1,469円〜

142,560円〜

SSD360GB 

48,600円〜

サーバーの料金・プランの詳細サーバーの料金・プランの詳細

ロリポップ!レンタルサーバー

個人の方に多く利用されている。
低価格で初心者にも使いやすいレンタルサーバーになっている

制作会社、フリーランスの方におすすめ
すぐに使えるずっと使えるロリポップ!

ロリポップ!なら、他のレンタルサーバーにはない安定した速さでWebサイト・ブログを運営できます。国内最大級の利用者数170万人の方が利用している安心・安定のレンタルサーバー 『ロリポップ!』

◆月額100円〜
◆容量10GB〜
◆WordPress簡単インストール
◆メールのお問合せは24時間365日

無料お試し期間:10日

レンタルサーバー

月額利用料

年額利用料

サーバー容

初期費用

WordPress

エコノミー 100円 1,200円 10GB 1,500円
ライト 300円〜 3,000円 50GB 1,500円 1
スタンダード 600円〜 6,000円 120GB 1,500円 30
エンタープライズ 2,300円〜 24,000円 400GB 3,000円 100

サーバーの料金・プランの詳細サーバーの料金・プランの詳細

レンタルサーバー クイッカ

個人向け初心者に最適なエントリープラン
アクセス解析「i2i」を無料提供

これからWEBサイトを運営する初心者に最適
月額90円(税抜)からの高機能サーバー
クイッカの最大の特徴は「価格と機能の絶妙なバランス」です。
クイッカは月額90円からという低価格にも関わらず高い機能性や安定性を実現し、多くのプロの方々にも利用されています。
◆月額90円から
◆初期費用926円
◆マルチドメイン対応
◆WordPressの自動インストール対応
◆IP分散に対応
無料お試し期間:10日

レンタルサーバー

月額利用料

年額利用料

サーバー容

初期費用

WordPress

エコノミー 90円 1,080円 10GB 926円  
ライト 230円 2,760円 10GB 926円
スタンダード 450円 5,400円 30GB 926円
プレミアム 900円 10,800円 40GB 無料

サーバーの料金・プランの詳細サーバーの料金・プランの詳細

個人から法人向まで プラン・価格から機能・容量比較できます

レンタルサーバー人気ランキング

レンタルサーバー比較ランキング
レンタルサーバーの比較検討ができます。初心者の方にもおすすめ
LinkIcon詳しくはこちら
ビジネスや制作会社向きレンタルサーバー

ビジネス・制作会社向け
レンタルサーバー
複数のウェブサイトを運営する制作会社などビジネス向きサーバー
LinkIcon詳しくはこちら

SSLサーバー証明書
なぜ常時SSL化が重要視されているのか、常時SSLのメリットと必要性を解説します。
LinkIcon詳しくはこちら

クラウドから専用サーバーまで徹底比較

専用レンタルサーバー

専用レンタルサーバー
1台のサーバー本体をまるごと利用することにより自由度が高いレンタルサーバー

クラウドサーバー

クラウドサーバー
高性能なサーバーと拡張性の高いネットワークをインターネット上で自在に構築できるクラウドサーバー。

VPSレンタルサーバー

VPS仮想専用
レンタルサーバー
共用サーバーなのに専用サーバーと同機能を搭載したレンタルサーバー

適切なプランの選び方

レンタルサーバー(共用サーバー)

 一般的によく使われるレンタルサーバー。
ホームページ、Webサイトの公開やメール機能という使用用途で、しかも低価格のサーバー性能もかなり良いサーバーが支流となりました。しかし制限もあるレンタルサーバーもありますが、さらに、VPSや専用サーバー、クラウドサーバーはサーバーの管理者権限(root権限)をもらえるので、制限のあるレンタルサーバーよりも、自分好みの自由な使い方ができますので、一度、お試しもできるサーバー会社もありますのでいろいろ検討して最適なサーバーをみつけてください。
以下のレンタルサーバーは本サイトも利用していま菅、利用勝手の良いサーバー、人気のサーバーをランキングアップしておりますのでご参考ください。

サーバーの長所と短所

レンタルサーバーは1つの物理サーバー上に1つのOSと、1つのデータベース(DB)システム、Webページを公開するために必要なHTTPサーバーがインストールされています。HTTPサーバーの代表的なソフトウェアとしてApache(アパッチ)があります。
その資源を複数のユーザーが共同で使うイメージです。

長所

  • 安く借りられます。1ヶ月あたり100円くらいで借りられるレンタルサーバーもあります。
  • Webサイト公開に必要なアプリケーションはすでに用意されているので、申込後にHTMLファイルを置けばすぐにホームページ(HP)を公開できます。

短所

  • 1つのサーバーの資源を複数ののユーザーで共有して使うので、他のユーザーの影響を受けやすくなります。例えば、同じサーバーに同居しているユーザーがアクセスが多いサイトを運営している場合、メモリやCPUなどサーバーの資源を多く使ってしまい、自分が運営するサイトの表示速度が遅くなったりします。
  • ユーザーはサーバーを自由にコントロールできる管理者権限を持てないので、好きなアプリケーションをインストールできません。

レンタルサーバーでは、ストレージはまだHDDが主流であり、より高速なSSDを選択できない場合が多いです。また、OSやアプリケーションはやや古いバージョンのものが使われていることもあります。

お知らせ 

 
[SSL証明書]さくらインターネット

年額972円〜利用できる「JPRSドメイン認証型SSL証明書」提供開始詳しくはコチラ

[Z.com]GMOインターネット

Z.com WPは、WordPress専用のサーバーで、WordPressを快適に運用できるようにサーバーが最適化されています。詳しくはコチラ

[ロリポップ!レンタルサーバー]GMOペパポ

ロリポップ!レンタルサーバーなら独自SSL¥0セキュアなサイトを手軽に詳しくはコチラ

レンタルサーバーに関する用語集

レンタルサーバーに関する用語集TOP

サーバー基礎用語

レンタルサーバー(共有サーバー)
レンタルサーバーとは、ホームページやメールを利用する場合によく耳にする「サーバー」という言葉。「サーバー(= server)」は、 ネットワークで繋がったコンピュータ上で、サーバー自身がもっているデータやサービスなどを他のコンピュータに提供する役割を担っています。1つのサーバーを複数のユーザーで共有して使うので共有サーバーとも言います。
長所

  • 安く借りられます。1ヶ月あたり100円くらいで借りられるレンタルサーバーもあります。

  • Webサイト公開に必要なアプリケーションはすでに用意されているので、申込後にHTMLファイルを置けばすぐにホームページ(HP)を公開できます。

短所

  • 1つのサーバーの資源を複数のユーザーで共有して使うので、他のユーザーの影響を受けやすくなります。例えば、同じサーバーに同居しているユーザーがアクセスが多いサイトを運営している場合、メモリやCPUなどサーバーの資源を多く使ってしまい、自分が運営するサイトの表示速度が遅くなったりします。

  • ユーザーはサーバーを自由にコントロールできる管理者権限を持てないので、好きなアプリケーションをインストールできません。

 
専用サーバー
専用サーバーとは、その名の通りサーバーを1台専有する形となります。VPSと異なるのは仮想的に他のユーザと領域を分割されて提供されているわけではないので完全に専有する形となります。多くのレンタルサーバー会社ではスペックはかなり良いものとなっており、CPUやメモリもかなり積まれているので大規模サイトやウェブサービス、ウェブアプリケーションなどをビジネスとして利用するのにおすすめです。VPSと比べて価格が高いので利用するハードルは少し高いでしょう。
 
VPS
VPSとは、1台のサーバーを仮想的に分割してその分割された領域を専有できるレンタルサーバーです。VPSは仮想専用サーバーとも呼ばれています。ちなみにVPSvirtual private serverの略です。
VPSの大きな特徴としては仮想的に自分の領域を確保するので専用サーバーのように扱えます。ですので、ディスクやメモリ、CPU、ネットワークといったリソースは物理的に共有されていても実質は専有して利用することができます。個々にリソースを割り当てるということです。
運用も専用サーバーと同様にして自分で行うことができるのであたかも1台サーバーまるごと持っているかのように利用することができます。ですので、運用は自分たちで行う必要があります。なお、root権限を持つことができるので自由にサーバーのカスタマイズが可能となっています。

サーバー利用用語

プラン
プランとは、各サーバー会社によって、いろんなプランが用意されております。
一番の決め手は月額料金、初期費用ですね。二番目としてサーバーの容量、作るサイトによって容量は大きなウエイトを占めます。趣味の写真のアルバム風のサイトなど容量が大きなほどページもたくさんつくてますよね。迷ったらまずは無料お試しをお勧めします。
 
利用料金
(年間一括支払いの場合※1)
年間一括払いをご選択いただくと、プランによっては、利用料金の月額利用料がお得になる場合もあります。
 
初期費用
サーバーを利用するにあたって必ずかかる費用として初期費用があります。サーバー会社にとって初期費用は、サーバーの購入費や初期設定に関わる人件費などに充てられ、月額費用はiDCやラック、回線などサーバー管理維持のための経費などに充てられています。
 
共有/専有
共有とは、1台のサーバーを複数の契約者で共有して利用するサーバーのことです。レンタルサーバーといえば一番最初に共用サーバーをイメージします。
専有とは、その名の通りサーバーを1台専有する形となります。
 
容量
容量とは、サイトのデータを置くためのスペースです。HTMLファイルはもちろんのこと、画像ファイルなどもすべてこの領域の容量を消費します。
 
転送量

転送量とは、データ転送量と言って、Webサイトを閲覧する時に、サーバーから送られるデーター量のことで、サーバーとサイト訪問者との間に、転送できるデーター送受信の容量の制限を指します。Webサイトのアクセス数が多くなるほど転送量は多くなります。例えば、サイト訪問者が10KBのページを開いた瞬間に、サーバーから10KBのページデータを、サーバーから転送された事になり、閲覧時点で、サーバーから10KBの転送量が消費されました。 そして、「1日当たりの転送量は5GBまで」と決められていれば、これが転送量の上限の目安になります。大量のアクセスを集めているサイトなど、大幅に転送量が必要な場合は専用サーバーを利用すると良いでしょう。

 

常時SSLについて

SSL


SSL とは、 Secure Socket Layer( セキュア・ソケット・レイヤ ) の略称です。
SSL とは、個人情報やクレジットカード番号など、機密性の高いデータのやりとりを暗号化し安全に送受信することができるようにするために、米ネットスケープ・コミュニケーションズ社が開発したセキュリティ機能付きの HTTP プロトコル ( 規約 ) です。
SSL を利用した Web サイトは、 URL が「 http:// 」から「 https:// 」になり、インターネットエクスプローラであれば、右下に鍵マークが表示されます。鍵マークをダブルクリックすると、 SSL サーバ証明書の内容を確認できます。 SSL は、郵便でいうと「内容証明」や相手の所在を確認してから手渡しする「書留」のようなものです。
SSL はデータの盗聴や改ざんを防ぐだけでなく、第三者機関 ( ベリサインなどの認証局 ) により発行された電子証明書によって、 Web サイトの運営組織を確認することができ、架空の組織や団体によるなりすましを防ぐことができます。認証局による電子証明書の発行は、 Web サイトの運営組織の実在を確認した上で行われます。
 

SSL・無料SSLの詳細SSL・無料SSLの詳細
 

 

ウェブサーバー機能

ログイン・ログアウト
ログインとは、ユーザがサーバシステムに入室する為の手続きの事をいいます。
具体的には、ユーザが「ユーザアカウント」と「パスワード」をサーバに知らせ、サーバが登録されているユーザであるか、 チェックする仕組みになっています。
ログアウトとは、サーバシステムでの操作を終えたユーザが、サーバシステムから抜け出す事を指します。
 
サーバコントロールパネル
サーバコントロールパネルとは、サーバやメール、ドメインの各種設定など、サーバの運営に必要な各種作業をメニュー化した管理画面です。
 
マルチドメイン
マルチドメインとは、1つのサーバーで複数のドメインを管理できることを指します。ドメインを借りてサイトを作るたびにサーバーを借りなくて良いのでコスト的には安くなります。
 
シェルログイン
シェルログインとは、サーバにログインし、UNIXコマンド(SSH)でサーバを遠隔操作する機能です。ファイルの一括処理など、プログラミング等と同じ記述でサーバを操作することが可能です。このサービスは、対象プランで利用できる機能です。利用方法について詳しくは「SSHについて」をご覧ください。
 
SSH
SSH(Secure Shell) とは、物理的に遠いところから、サーバを操るための手段のひとつです。 例えば、サーバへログインして直接HTML文書を書いたり、フォルダを作成・削除など、 まるで目の前でサーバを操っているかのように操作することができます。
ネットワーク上に流れるデータは暗号化されるため、インターネット上での操作を安全に行えます。 実際に操作するにあたり、UNIXの知識・操作するコマンド・アプリケーションの知識が必要となります。
 
HTTP/2
HTTP/2とは、従来のHTTPHTTP/1.1)に対して、通信の高速化がなされた新しいプロトコル(通信規約)です。HTTPSのウェブページの場合、適用されます。
 
FTP転送
FTPとは、File Transfer Protocol(ファイル・トランスファ・プロトコル)の略で、サーバとクライアントという2台のコンピュータ間で、ファイルを転送するためのプロトコル、つまり、通信上の決まりごとのひとつで、Webサイトからデータをダウンロードする際や、ホームページ作成時にデータをサーバにアップロードする際に使われます。
 
独自CGI
独自CGIとは、独自にプログラミングしたCGIPHPなどの言語が使用できます。これらの言語とデータベースを組み合わせると、動的なウェブページの設置など、自由度の高いウェブコンテンツが制作可能です。このサービスは、対象プランで利用できる機能です。利用方法について詳しくはオ「CGIPHPSSI について」をご覧ください。
 
HDDSSD
SSDとは、「ソリッドステートドライブ」の略、HDDは、「ハードディスクドライブ」の略です。SSDHDDはともにデータを保存する記憶媒体。しかし、両者はデータの記憶方法が異なります。記憶媒体は、安価で大容量なHDDが主流でした。しかし、近年はHDDよりも読み込み速度が速いSSDと呼ばれる新しい記憶媒体が注目されています。
 
PHP
PHPとは、Perl などのスクリプト言語で実装されている CGI Java サーブレット、JSPMicrosoft ASP などと同様に、主に動的な Web ページ、Web アプリケーションを作成するために作られたプログラミング言語です。
 
SQLite

SQLiteとは、(読み方:エスキューライト)PHPと組み合わせて使用されているデータベース管理システム(DBMS)のひとつで、組み込み専用を特徴とするもののことである。同じくPHPと合わせて用いられる、MySQLやPostgreSQLといったクライアントサーバー型のDBMSとは異なり、DBMS サーバーの概念が存在しない。SQLiteは、いわばサーバーとクライアントとが一体となっている。そのためデータベースの内容はすべてローカルファイルに保存される。
 
WordPress
WordPress(ワードプレス)とは、もともとブログを作成するためのシステムとして公開されました。その後どんどん進化し、個人ブログ、企業サイト、公共機関のサイトなど、多方面にわたるウェブサイトで利用されています。
 
Web
Webとは、WWWWorld Wide Web:ワールド ワイド ウェブ)の事で、Webとは、「クモの巣」や「クモの巣状の物」を表します。インターネットやイントラネットで標準的に用いられるHTML文書など利用したシステムです。文字や画像、動画、音楽などを簡単に利用する事が出来るシステムです。そのシステムを利用して、世界中に向けてインターネット上で、文章などを公開されているページをWebページ」と呼びます。最近では、Webページ」や「Webサイト」の事を「ホームページ」と呼ぶことが多いです。